ルームス+とは
ルームス+の思い
コンセプト
商品開発・販売事業
商品開発
商品販売
コラボレーション事業
ルームスプ゚ロジェクト
コンセプトハウス
創作支援チーム
ルームスコンテンツ
ルームメーカーとは
コンセプト
事業概要
プロジェクト
企業理念
会社概要
採用情
起業への思い


-ルームスプロジェクト-
建築・インテリアに関わる「新築」「リフォーム」「リノベーション」「コンバージョン」といったハード志向のジャンルで区分けせず、「空間主体」「部屋(ルーム)主体」「人の生活主体」といった、ソフト志向、小単位志向で横断的に推進していく事業です。

通常は、「住みたい家」「運営したい店」「リフォームして住みたい」と、まず器を考えることからスタートしますが、私たちの考える「ルームス+」は、ソフトとハードを同時進行でそれも小単位で考えていくことから始めます。

例えば、「心地よい寝室」をイメージして下さい。そこには、どんなスタイルがあるのでしょうか。思い浮かぶのは、「ぐっすり眠れる部屋」といった、漠然としたイメージではないでしょうか。
そこに住まう人にとっては最善の環境をその部屋で実現することが理想です。ところが、人にとって同じ条件は二つとないのです。住まい自身の環境が全て違います。その「人」にとっても、生活習慣、仕事環境、就寝パターンなど、全てが違います。

今ある選択肢は、お客様が、自分にとっていいだろうなあと思う最大公約数なのです。だから、いい面もあり、合わない面があるのです。

ここでは、「人」にとって、最適に近づくような取組みをすることが、「ルームス+」の意義だと思っています。

横断的に考えるとは、「心地よい寝室」の例で言うと、睡眠の専門家、建材の専門家、インテリアの専門家、デザインの専門家が連携して「人」のパターンを様々考慮することで、ひとつの解を見出そうとするコラボレーション事業です。

難しく考えると研究分野にシフトしてしまいますが、目的は「お客様の幸せな睡眠」であって、これを達成するためのチームをつくり、実践していくことで、より「心地よい寝室」に対するお客様自身の問題解決をしていくことにあります。

様々な問題を解決していく、既存の事業の枠組みに捉われない、コラボレーション事業を「ルームス+」では、生活空間(ルーム)を単位として、行っていきます。

ルームス+では、色々な地域で、活躍されるショップ、事業者を結びつけて行き、其々相互にメリットのある事業形態をつくるプロデュース事業並びに、プロモーション事業を推進していきます。

中小零細の事業では、これからの時代に必要な横の連携でつながっていく、ネットワーク型の事業が必要となってきます



| RoomMaker | es-style | es-cafeお問合せアクセスイベント特定商取引の表示プライバシーポリシーサイトマップ

Copyright (C) 2009 Rooms Factory lnc. All Rights Reserved.